付箋を使いたい(管理者)

出典: サテライトシフト表 オンラインマニュアル

付箋機能を使うと、「有給休暇扱い」のような特別なシフトに付箋を貼って、あとから絞り込み表示をすることができます。

まず、一行目のタブの「設定画面」を選択し、画面が切り替わったら二行目のタブの「付箋紙設定」を選択します。

ファイル:付箋を使いたい(管理者)1.png


この画面で、新規の付箋を作成することができます。「有給休暇扱い」と入力して「新しい種類の付箋を作成」ボタンをクリックすると、付箋が一種類作成されます。

ファイル:付箋を使いたい(管理者)2.png


それでは、シフト表で付箋を使ってみましょう。

シフト表を開き、登録されているシフトの時間のところを「マウスの右ボタンで」クリックします。

すると、小さなメニューが出てきます。登録した付箋はここに一覧として出てきますので、シフトに貼り付けたい付箋を選択します。

ファイル:付箋を使いたい(管理者)3.png


付箋を貼り付けると、下の画面のようになります。

ファイル:付箋を使いたい(管理者)4.png


シフト表の日付表示のとなりに、「付箋で絞り込み」と書かれたコーナーがあります。

ここをクリックし、付箋を選択して「絞り込み」ボタンをクリックすると、選択した付箋が貼られたシフトだけが表示されます。

ファイル:付箋を使いたい(管理者)5.png


上の画面は、2010年11月で有給休暇扱いのシフトは一件、8時間0分であることが分かります。

付箋は自由に貼ったりはがしたりできるほか、付箋の種類も増やすことができます。

管理者が作成した付箋は、全店舗のシフトで貼り付けることができます。([共]という文字が付箋名の後ろにつきます)。逆に、店長が作成した付箋は、そのお店のシフトにしか貼り付けることができません。


関連ページ

  • 付箋(取り扱いデータ)
個人用ツール