勤務パターン

出典: サテライトシフト表 オンラインマニュアル

「勤務パターン」は、「Aシフト 9:00~17:00」「Bシフト 13:00~21:00」または「早番 9:00~17:00」「遅番 13:00~21:00」のような、勤務の仕方をパターン化したものを指します。

よく使う勤務時間のパターンをあらかじめ登録しておくことによって、シフト登録が楽になります。

シフト表の上でシフトを登録する際には、勤務パターンを一つ選択することにより、シフトの時間を指定します。

勤務パターンの登録・変更・削除は、「設定画面」の「勤務パターン設定」でおこないます。

勤務パターンは、勤務パターン名、開始時刻、終了時刻、休憩時間、備考で構成されます。

ファイル:data_type_7.png


目次

勤務パターン例

ファイル:勤務パターン例.png


勤務パターンの登録で必要な入力項目

初期状態で、勤務パターンは3つ(早番、遅番、通し)登録されています。

お客様がよく使うシフトの勤務パターンを登録しておくと、シフト登録が楽になります。

勤務パターンを新規に登録する際は、以下の項目を設定します。

勤務パターン名 区別がつけられる名前をつけます
開始時刻 業務を開始する時刻を指定します
終了時刻 業務を終了する時刻を指定します
休憩時間 開始時刻から終了時刻までの間にとる、業務に含まれない休憩時間を指定します
備考 備考があれば入力できます

注意する点として、開始時刻、終了時刻は「9時30分」「17時10分」といった時刻を指定するのに対して、休憩時間は「1時間」といった時間の長さを指定する点があります。

業務時間中に休憩が2回あったとしても、休憩時間にはその合計の時間を指定します。

労働時間は、「開始時刻」から「終了時刻」までの時間から「休憩時間」を差し引いた時間として計算されます。

この労働時間とスタッフの時給から、賃金が計算されます。

例) シフトAは、9時開始で午後4時終了、30分の休憩が2回あります。その場合、

    開始時刻=9時00分
    終了時刻=16時00分
    休憩時間=1時間

という値を設定して登録します。シフトAの労働時間は自動的に計算されて、

    16時00分-9時00分-1時間=6時間0分

となります。


勤務パターンを選んでシフトを登録する際の2種類の登録の仕方

「早番」「遅番」「通し」などの勤務パターンを選んでシフトを登録する場合、シフトには「開始時刻」「終了時刻」「休憩時間」が勤務パターンからコピーされて登録されます。

その際、「早番」「遅番」などの勤務パターン名も登録されますが、勤務パターン名にそれほど意味がない場合は勤務パターン名はシフトに保存しないよう設定することができます。

高度な設定画面#シフト登録時に勤務パターンの種類も一緒に登録する」を参照ください。

マスター関連図

関連ページ

個人用ツール