シフト

出典: サテライトシフト表 オンラインマニュアル

(勤務時間 から転送)

サテライトシフト表では、スタッフ職種勤務パターンの3つの基本データがが登録された状態で、はじめてシフトデータが登録できるようになります。

シフトデータは、シフト日付、スタッフ職種勤務パターン、開始時刻、終了時刻、休憩時間で構成されます。

いったん作成したシフトの開始時間、終了時間、休憩時間を修正することはできます。

ファイル:data_type_6.png

サテライトシフト表で表示する「シフト表」は、登録されたシフトデータをいろいろな切り口で集計して表示したものです。

  • 日付範囲

日次シフト表 … 特定の日付のシフトのみ集計して表示します

週次シフト表 … 特定の週のシフトのみ集計して表示します

月次シフト表 … 特定の月のシフトのみ集計して表示します

  • グループ分け

スタッフ別 … スタッフ別にしたシフト表を表示します

職種別 … 職種でグルーピングしたシフト表を表示します

  • シフト一覧

スタッフシフト一覧 … 特定のスタッフのシフトを一覧表示します

職種シフト一覧 … 特定の職種のシフトを一覧表示します

  • 全店シフト表

全店舗、全スタッフと職種のシフトを一覧表示します。(管理ユーザーのみ)

すべての種類のシフト表で、日別の合計(件数、時間、金額、勤務パターンもシフトに登録している場合は勤務パターン別件数)、表示範囲内トータル(件数、時間、金額)が表示されます。

目次

勤務時間の計算

シフトの勤務時間は、以下の式で算出されます。

勤務時間 = 終了時刻 - 開始時刻 - 休憩時間

例)シフトの開始時刻が「9:00」、終了時刻が「15:00」、休憩時間が「0:45」の場合、

シフトの勤務時間は

15:00 - 9:00 - 0:45 = 5:15

と算出されます。

給与見積りの計算

給与見積り機能が有効になっている場合、給与の見積り額が自動計算・合計表示されます。シフトの給与額は、以下の式で算出されます。

給与額 = 勤務時間 × スタッフの時給

ただし、スタッフの時給は、休日指定された日のシフト場合は休日割増分を加算した時給が適用され、シフトが深夜時間帯(夜10時から朝5時まで)に及ぶ場合は深夜割増分を加算した時給が適用されます。

例1)シフトの開始時刻が「9:00」、終了時刻が「15:00」、休憩時間が「1:00」、時給が「800円」の場合、

シフトの勤務時間は

15:00 - 9:00 - 1:00 = 5:00

給与額は

5:00 × 800円 = 4000円

と算出されます。


例2)シフトと時給は例1と同じ、休日割増分が「200円」で、シフトが休日に登録されていた場合

シフトの勤務時間は

15:00 - 9:00 - 1:00 = 5:00

給与額は

5:00 × (800 + 200)円 = 5000円

と算出されます。

注)スタッフが「給与計算しない」に設定されているスタッフの場合、給与額は常に「0円」となります。

交通費

交通費機能をオンにすると、各シフトに対して交通費を登録することができます。

交通費機能は、「高度な設定」でオンまたはオフに設定することができます。

シフトに対して登録された交通費は、給与額とは別に集計計算されます。

ゼロシフト

シフトの開始時刻、終了時刻、休憩時間が「0:00」に設定されたシフトは、勤務時間、給与額がゼロのシフトとしてシフト件数の集計にカウントされません。ただし、勤務パターン別件数の算出のときだけカウントされます。

このようなシフトは、何かのマークの代わりに使用することができます。

例えば、「休み」という勤務パターンを開始時刻、終了時刻、休憩時間が「0:00」として登録しておき、休みのスタッフに「休みシフト」を登録することで日別の休み件数を表示させることができます。

ファイル:data_type_shift_1.png

また、スタッフ用にゼロシフトの勤務パターンを作成して、スタッフの都合を登録してもらうために使うこともできます。

ファイル:ゼロシフト活用法1.png

マスター関連図


関連ページ

  • 職種(取り扱いデータ)
個人用ツール