GoogleAppsのIDでログインできるようにしたい

出典: サテライトシフト表 オンラインマニュアル

GoogleAppsをご利用のお客様は、GoogleAppsのユーザーアカウントにて「サテライトシフト表」へログインするよう設定することができます。(シングルサインオン)

目次

基本設定

下記の2つの条件を満たしている場合、GoogleAppsのIDでログインすることができるようになります。

  • 登録メールアドレスが、GoogleAppsで管理しているメールアドレスであること

GoogleAppsのIDでログインできるようにするには、まず「設定画面」の下の「ユーザー設定」画面を開きます。

下のほうに「GoogleAppsシングルサインオン機能」というコーナーがありますので、こちらの設定を「有効」に変更し、「設定変更」ボタンをクリックします。

ファイル:GoogleAppsシングルサインオン1.png


初回ログイン

GoogleAppsのアカウントにてログインする場合、以下の手順にてログインします。

まず、ログイン画面の右側にある「GoogleAppsアカウントでログイン」のコーナーにて、お客様がGoogleAppsにて管理されているドメイン名(下の画面では'example.com')を入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

ファイル:GoogleAppsシングルサインオン2.png


GoogleAppsのログイン画面になります。

「サテライトシフト表」にメールアドレスを登録したユーザーのユーザー名とパスワードを入力し、ログインします。

ファイル:GoogleAppsシングルサインオン3.png


「Shift-table.net(サテライトシフト表)」にGoogleAppsのメールアドレス情報へのアクセスを承認するかどうかの確認画面が表示されます。

「サテライトシフト表」がGoogleAppsよりメールアドレス情報を取得することができるよう、「許可」ボタンをクリックします。

「この承認を保存」のチェックボックスをオンにすることにより、2回目以降のログインでユーザー名とパスワードの入力を省略することができます。

GoogleAppsの設定により、この承認を後から取り消すことができます。詳細な手順につきましては、Googleアカウント ヘルプ:プライバシーに関する懸念: ログイン リクエスト ページについてをご確認下さい。

ファイル:GoogleAppsシングルサインオン4.png


「許可」ボタンをクリックすると、「サテライトシフト表」へログインし、初期画面が表示されます。

ファイル:GoogleAppsシングルサインオン5.png

2回目以降のログイン

2回目以降のログインでは、下記のようになります。

  • GoogleAppsへログインした状態で「GoogleAppsアカウントでログイン」すると、ユーザー名とパスワードの入力処理が省略されます。
  • GoogleAppsへログインしていない状態で「GoogleAppsアカウントでログイン」すると、GoogleAppsの画面が表示されるので、GoogleAppsのユーザー名とパスワードを入力します。


関連ページ

個人用ツール